ボディメイク、ダイエット時のNo. 1サプリメント【プロテイン】

プロテインを飲むと太る、と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

この記事ではその疑惑に関して解説していきたいと思います。

プロテインで太るのか

プロテインを飲むことで太ることはまず無いと考えてください。

プロテインの種類も沢山ありますし、プロテインを摂取する他皆様それぞれで前提条件に違いがあります。

プロテインを飲むことで太ってしまう可能性や、ボディメイクを加速させるためにも有効なプロテインの飲み方を紹介します。

プロテインとは

そもそもプロテインは【タンパク質】です。

最近ではプロテインの中にビタミンなど他の栄養素も入っている商品も多く出てきました。

牛乳由来、大豆由来、牛肉、えんどう豆など様々な原材料で作られています。

その中でも多いのがホエイ、牛乳由来のプロテインが多く流通しています!

ホエイプロテインは牛乳から脂質をなくし、パウダー状にしたものと考えてもらうとよいです。

なのでプロテイン=特別なもの!では無いことを理解してもらえると思います。

ボディメイクとタンパク質

トレーニング でボディメイクをしていく際、栄養摂取の中身を考えることは必須です。

いくら良いトレーニングをおこなっても、身体の材料である栄養素がなければ作ることができないのです。

作業員イメージ

トレーニング=作業員

栄養素=材料

トレーニングと栄養が組み合わさって初めて身体が作り上げられます。

逆を言えば、トレーニングだけしていても、食事だけ気をつけていても体つくりは難しいという事です。

低脂質高タンパク

ボディメイクをする際栄養素のバランスに意識しなければなりません。

【ダイエットの栄養素のバランスに関してはこちらを参考にしてください。】

食材からタンパク質を摂取することはとても大切です。より多くの栄養素を摂取できる、そして一番大切な食事を楽しむということができるからです。

ただ食材だけで目的の栄養摂取を目指すときに、ぶち当たる壁が「高脂質」

タンパク質を多く摂取しようとするときにどうしても脂質もセットになってくることが多く、過度に脂質を摂取してしまう機会が増えます。

そんな時に一番役に立つのが【プロテイン】なのです。

プロテイン、おすすめの飲み方

摂取タイミング:起床時・就寝前

飲み方 

水→ 水分量で味の濃さを調整するのもあり

     牛乳→美味しくなる確率高

    スムージーなどに混ぜる→ 糖質量に気をつければ○

プロテインを飲みことによって太ってしまう可能性

プロテインの種類によっては 

デキストリン(糖質)+タンパク質をミックスした増量用のプロテインも販売されています。

この種類のプロテインだと筋肉はつきやすいですが脂肪もつきやすいので、初心者の方はお勧めできないです。

もう一つの可能性はプロテイン以外のそもそもの食事でカロリーオーバーを起こしているパターンです。

プロテインどうのこうの前に、脂肪がつくのは当たり前です!

この2つをおさえておけばプロテインで太ることはありません。

まとめ

プロテイン=必須ではないですが、プロテインがあることによってかなり楽をする事が可能になります。

低脂肪高タンパクなものを選ぶ手間かはぶける、調理の時間がはぶける。

様々な行程をはぶくことができ、栄養素をしっかり摂取出来ることがプロテインが愛用されている理由ですね!

ボディメイクを円滑に進めるためにも、使い方を決めてチャレンジしてみるのも有りですね。